元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

某総合商社出身のGoodfindの中の人が最近の就活や、ベンチャー中心の最新テクノロジーや気になるサービスについて語るお。

「どんな能力を身に着けるべきですか?」という質問への僕なりのたった一つの答え

学生と接している中でのあるある質問として、「めっちゃ将来のことが不安で手に職をつけたいんですが、どんなスキルを身に着けたらいいんですかね?」というのが有ります。ほんとに真面目でしっかりインプットをしている就活生からこそよく聞かれる類の質問です。

どんなスキルを身につけるかってめちゃくちゃ悩みますよね。しかも新卒で入る会社や自分が携わる仕事によって結構変わってきそうだと来たものですし。

ちょっと話はそれますが、僕は小さい頃から結構漫画ゲームが好きです。例えばずーっと野球はやってきたのでやっぱり実況パワフルプロ野球は大好き。あとは、漫画で言うと王道中の王道でしょうもないですが、ONE PIECEとかBLEACHも大好きです。

ワンピース 3Dマウスパッド ボア・ハンコック

ワンピース 3Dマウスパッド ボア・ハンコック

 

 ※僕の趣味じゃないです。「ワンピース」でぐぐったらこれが一番上に、、、

最近はめっきりやらなくなっちゃったので能力値の定義とか変わっちゃってるかもですが、パワプロって凄くシンプルで、「弾道」「ミート」「パワー」「走力」「肩力」「守備力」の能力値がカテゴライズされていてその能力値を自分の思うように成長させていく"サクセス"が大人気で、めちゃくちゃハマってました。何が面白いって、例えばめっちゃホームラン打つパワーヒッター作りたいってなったら弾道を4にして、パワーをSにしちゃえばいいわけです。ゴールを決めると伸ばすべき能力値や行うべきトレーニングが極めてシンプルなカテゴライズと定量化されたステータスによってさくさくと定まっていくと。

話は変わってワンピースとか、ブリーチはどうかと。もうなんかどっちも能力のインフレ感半端なくなってきてますが、基本的にはワンピースなら食べた「悪魔の実」の能力でできることの範囲とスキルが明確に定まり、あとはその能力(ルフィならゴムゴムの実でゴム体質の体)をうまく使って勝負するしかないというシンプルな世界。ブリーチなら基本的には自分が手にした斬魄刀の特性が決まっていて、その斬魄刀の特性に合わせた戦い方をすると。でもちょっと待てよと。どんだけすっごい悪魔の実を食べたとしても、どんだけイケてる斬魄刀を手にしたとしてもその使い手がイケてなかったらなかなか苦戦するわけですよね。ルフィがそもそも身体能力馬鹿みたいに低ければどんだけゴムの体でも苦戦する(ゴムゴムの実がそもそも対して強くねぇよというツッコミは忘れましょう)わけだし、最強の斬魄刀ともいわれる鏡花水月を使って人を催眠にかけることができたとしてもなんのために催眠にかけるべきなのかわかっていなければただの宝の持ち腐れになるわけだしと。結果最強の悪魔の実とか、斬魄刀とか議論されるわけですがあくまで本当にその力を引き出しきれるかは、持ち主の能力値や特性に左右されるところが多いわけです。ちなみに僕は、悪魔の実で言うとメロメロの実、斬魄刀でいうと、大紅蓮氷輪丸が大好きです。

話がそれ過ぎてわけわからなくなってきましたが、最初の質問に戻りましょう。どんなスキルを身に着けたらいいんですかね?」と。パワプロ、ワンピース、ブリーチと違って何より難しいのはこの世の中は悪魔の実や斬魄刀のような便利な武器は時代によって変わっていくし上に(ちょっと前なら単純にプログラミングできるだけで神だったりとか)その武器を使いこなすためにはどんな人間になっておくべきなのかもデジタルに能力値がカテゴライズされていないことにあると思います。もう、困ったもんですね。

さて、答えとしては期待をさせておいて何なんですが、デジタルに定義されていなくてイケてる武器の移り変わりが激しい現代においてはなにを身に着けたらいいのかなんて言うものに対してクローズドクエスチョン的に、解を提示するのなんて無理ですわ。というのがぶっちゃけた答えです。

ただ、このバズっていた記事にもあるようシンプルに〇〇(ex.プログラミング)さえ身につけておけばいいよ!っていうわけではなく、「メタスキル」を身に着けていかなくてはいけないし、勉強し続けて行かなくちゃいけないよねとは思っています。

fromdusktildawn.hatenablog.com

ということで、就活生に質問されたときの答えとしては、結果めちゃくちゃ抽象度が高くなってしまい「時代に対応した個別のスキルを身につけやすくするためのメタスキルを磨くために勉強し続ける能力」とかになっちゃうんですよね。もう自分でもいってて抽象度高すぎてなにがなんだかわからないがゆえに整理しました。でもその能力さえあれば入り口がゴリゴリの営業だろうが、頭でっかちなコンサルだろうが、数字バリバリのマーケターだろうが、クリエイティブなアーティストだろうがなんでもいいと思う。ほんとに。勉強し続けよう。

ということで、今週末はこれを読むよと有言実行するために宣言してみる。

ネット・プロモーター経営  〈顧客ロイヤルティ指標 NPS〉 で「利益ある成長」を実現する

ネット・プロモーター経営 〈顧客ロイヤルティ指標 NPS〉 で「利益ある成長」を実現する

  • 作者: フレッド・ライクヘルド,ロブ・マーキー,,森光威文,大越一樹,渡部典子
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2013/01/29
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 それではおやすみなさい。