元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

某総合商社出身のGoodfindの中の人が最近の就活や、ベンチャー中心の最新テクノロジーや気になるサービスについて語るお。

クレジットカードで不正請求にあってまじでびびったので対処方法を備忘のため残しておく

タイトルからして就活もベンチャーも関係ないお話です。

先日、人生で初めて(2回以上あっちゃやばい気もするが)クレジットカードの不正請求にあいました。

普通にカードの明細見て、今月の収支をちょっと確認しようかと思ったら、、、「!!!!!」って感じです。言葉も出なかった。ざっくり40万円ほどの「見に覚えのない」請求がそこにはあり、もう涙目。今月俺終わったわ、、、、。みたいな。

とりあえずそんな時はググってみるということで調べた所どうやら不正請求に対する保険はカードに一般的に付いているということでそんなに不安がらなくていいようで一安心。ここからは備忘のためにその際の手順を記載しておこうかと。

不正請求の内容を確認

まずは、不正請求の内容確認です。自分の場合は、40件くらいひたすらGOOGLE*から始まる請求があり、明らかにGoogleplayとかそのあたりで使われてるわと。USD建てでしたし。そもそもスマホもiPhoneなのでありえねぇだろ!と若干キレ気味になりながら、、、。

不正請求された旨をディベロッパーに報告

ということでGooglePlay関連の請求をに関して書いてあるページをぐぐって発見。

support.google.com

そのページを読むとどうやらフォームで提出するみたいで下記のページからフォームを丁寧に記入。

https://support.google.com/googleplay/contact/play_unrecognized_charge

記入後はメールで連絡をお待ち下さいと来るんですが、ぶっちゃけ気が気じゃないのですぐに解決する方法はないのかとやきもき。

するとこんな神ページを発見。

support.google.com

電話したら自動音声ガイダンスにしたがって進むと、日本人男性の方が丁寧に対応してくださいました。一通り個人情報の確認をした上で、フォームを記入した旨をお伝えすると、「犯人アカウントの特定とBAN」「払い戻し処理」をするとのことで、まずは電話内でさくっと1分ほど保留の後、犯人アカウントを特定できましたと。はえぇなおい(笑)となりながら一安心。一旦そこで終話し、3時間後くらいに払い戻し処理完了の連絡がありました。

カードの再発行を行う

さすがに不正請求されたカードを使い続けるのは気がひけるのでカードの再発行を並行してスタート。被害にあったのは、三井住友カードだったので下記のページから再発行の依頼を電話で行いました。

www.smbc-card.com

不正請求での再発行の旨を伝えると電話の中で再発行手続き完了。そこでもトラブル対応チームに繋いでいただいて、カード会社側でも不正請求確認取れて請求取り消しますとの連絡もあり。(つまりディベロッパーには究極連絡しなくても良かったみたいw)

不正請求ということもあり再発行手数料も無料でした。そして、1.5週間ほどして再発行カードが届いて一件落着。カードで定期請求などがあったものの移行がちょこちょこ面倒だったりしましたが、なんとかことなきを得て安堵。 

焦らず対応すること大事ですね。セキュリティにはくれぐれもご注意を。